徹底操作

徹底操作とは、精神分析において分析家がクライエントの無意識的な
欲動を解釈し、クライエントに洞察が得られても、治療はそこで終わり
ではない。解釈に対する抵抗が反復して現れるので、完全な洞察に
至る為には、解釈と洞察を徹底的に繰り返し、抵抗をひとつずつ排除
していく過程が不可欠である。この過程を徹底操作を呼び、クライエント
自身の自己分析が主体となる。