退行

退行とは、以前の未熟な発達段階へと戻ることを指す。精神分析
では、防衛規制のひとつとみなされている。治療場面で生じる
感情転移も一種の退行であり、かつての対人関係の再現とされる。
操作的な退行により、固着が存在する発達段階、あるいは心的
外傷経験の時に戻り、葛藤やコンプレックスを解消させる治療的
退行は、心理療法の技法として重要。また、フラストレーションに
対する不適応的反応としても生じるものである(欲求不満退行
仮説)。