男根期

男根期とは、フロイト,S.の心理・性的発達段階における第三段階
のこと。(3~4歳から6歳位までの時期)エディプス期とも呼ばれる。
この時期の幼児は、性器への関心が強まり性器から快感を得、
性器の違いにより男女の差を自覚するとされている。また異性の
親に性的欲求を向け、ライバルである同性の親を憎む。この結果
生じる去勢不安を解消する為に、幼児は同性の親への同一視を
行い、超自我及び性役割を獲得するのである。