肛門期

肛門期とは、フロイト,S.の心理・性的発達段階における第二段階
のこと。(1歳後半から3~4歳位までの時期)この段階の幼児は、
肛門領域に快感を得るとされている。この時期の幼児は、トイレット・
トレーニングを経験し、親の叱責と賞賛を通して、自分で自分を
コントロールできるという自信=自律性を身につける。こうして、
外界に対する主張的で能動的姿勢、つまり自我が芽生える。
ゆえにこの時期は、子供が独自性を主張し、何でも自分でやり
たがる第一次反抗期でもある。