備給

備給とは、人物や事物に性的な感情・興味・関心を向ける、すなわち
リビドーを向けること。フロイト,S.は、幼児期におけるリビドーは、自己
の身体に向けられるとし、その部位により心理性的発達段階を定めた。
性欲動が沈静化している潜伏期である児童期を経て、リビドーは外界の
対象に向けられる。一方これとは逆に、対象から今まで向けてきた興味・
関心を切り離し、リビドーを引き上げることを逆備給と呼んでいる。これは
臨死患者などがこの世への未練を断ち切って安らかな最期を迎える、
いわゆる死の受容における重要なプロセスをされるのである。