リビドー

リビドーとは、フロイト,S.があらゆる精神活動の根源となるエネルギー
は性欲動であると主張し、そのエネルギーのことを指す。フロイトは、
生物学的観点から、生物の行動原理の本質を「種の保存」と捉え、
生殖こそが人間を含めた生物の究極的目標であるとし、性的ではない
活動、たとえば知的活動といえども、社会に受け入れられる形に置き
換えられたリビドーだと主張した。彼はまた、リビドーは出生直後から
存在するとして、「小児性欲」を唱え、それらの解消される身体部位
によって、口唇期・肛門期・男根期・潜伏期・性器期という発達段階を
体系化したのである。