超自我

超自我とは、いわゆる倫理や良心・道徳にあたる心的装置のこと。
罪悪感や後悔といった感情として意識化され、イドの本能的衝動を
禁止し、自我機能を道徳的な方向に誘導する機能を持つ。超自我は、
幼児期における両親や周囲の大人からのしつけ・教育などの社会道徳
を個人の中に内在化するものであり、自我から分化して形作られる。
イドと同様に、外界への適応に反する命令を下し、自我としばしば
葛藤を引き起こす。それゆえ精神分析療法では、神経症の治療過程
における「超自我の緩和」が重要とされているのである。