構造論

精神はイド・自我・超自我の3層で構成され、それぞれ異なる機能を
持つ。そして各層の相互作用が精神現象を作り出す、とフロイト,S.
は主張した。これが精神分析における構造論である。