無意識

自分の心の中に、直接アクセスすることも、コントロールすることも
できない領域が存在し、にも関わらず自分の行動やパーソナリティに
影響を与えている。この「無意識の存在」を前提とする局所論は、
精神分析の基本的立脚点であり、思想としても革命的な影響を
文学や哲学などの他分野にもたらしたのである。フロイト,S.が
無意識の発見に至った過程には、催眠とヒステリーという19世紀
の精神医学の特色があった。