局所論

19世紀、心理学においては精神=意識であり、ヴント,W.の構成
心理学をはじめとして、意識研究が主流であった。これに対して
フロイト,S.は、精神は意識・前意識・無意識の3層で構成される
と主張。これが局所論であり、特に無意識の存在は精神分析の
基本概念である。