心的決定論

心的決定論とは、すべての精神現象や行動は、偶然起こるものはなく、
一定の因果関係に基づいて先行する心的事件により決定される。
これが心的決定論と呼ばれる精神分析の基本仮説である。失錯行為
や夢の内容、神経症の症状などの精神現象は、一見明確な原因なしに
起こるように見える。しかし、原因がないのではなく、その原因が無意識
内に存在する為に、意識からは因果関係が判らないだけである。ゆえに
精神分析では、意識に現れた事象を分析することで無意識にアクセスし、
症状の原因を明確化することが治療機序となるのである。