EBMとNBM

EBMは、「根拠に基づく医療」と訳されるもので、1990年代初頭に提唱
される。統計的に実証されたデータを根拠として治療を行うアプローチ。
例えば精神分裂病に対しては、精神分析よりも薬物療法の有効性が
実証されている。しかしEBMは、普遍性を重視するあまりに患者の固有性
を軽視してしまう危険を伴う。一方NBMは、「物語と対話に基づく医療」と
訳されるもので、1990年代後半、医療・医学において提唱された概念。
新たなパラダイム・シフトをもたらすものと考えられている。NBMは、社会
構成主義的な観点を取り入れたもので患者を理解するために、客観的
事実だけでなく、物語として語られる主観的世界をも含めた全体性を重視
するアプローチ。