臨床の知

臨床の知とは、哲学者である中村雄二郎が提唱した知のあり方。従来
の「科学の知」は、客観性・普遍性を重視するあまりに対象から距離を
置き、表面的な分析に留まる危険がある。一方「臨床の知」とは、対象
との相互作用との中で、主観的・共感的に対象を理解しようとする知の
あり方である。サリヴァン,H.S.以降の関与(参加)観察に代表される
面接技法や事例研究法は、「臨床の知」としてのアプローチである。