臨床心理学

臨床心理学とは、一言で言えば、「人間の理解と援助のための
心理学」である。臨床心理学という言葉を初めて使ったのは、
1896年、ペンシルバニア大学に世界初の心理学クリニックを
開いたウィットマーである。米国心理学会(APA)の定義による
と、「臨床心理学は応用心理学のひとつである。測定・分析・
観察することによって個人の行動能力と行動特性を明らかにし、
またこれらの所見を総合して治療(処置)に結びつけるもの。」
とされているのである。