リッカート法

リッカート法とは、リッカート,R.により、社会的態度を量的に測定する
心理的尺度の構成法のこと。評定加算法とも言われている。その方法
は、態度対象についての評価的意味を内包する複数の短文を被験者に
呈示し、そのそれぞれについて、通常5段階の評定尺度により、積極的な
賛成から積極的な反対のいずれに当たるかを測定するもの。