欲求の階層説

欲求の階層説とは、マズロー,A.H.が、人間の欲求を、低次から高次の順
で分類し、ピラミッド型の欲求の階層により示したもの。低次から、生理的欲求、
安全の欲求、帰属意識や愛情の欲求、尊敬されたいという欲求があり、最高次
には自己実現欲求がある。人間の欲求には、優先順位があり、このピラミッド型
の階層において下位の欲求が満たされると、一層上の欲求が生じると考えられて
いるのである。