マインド・コントロール

マインド・コントロールとは、依存心と集団への順応を助長し、自律と個性を
失わせること。元々人間の心理が持っている性質を利用し、これは自分で
選択したと思わせながら、特定の人物や組織の利益に寄与するように、
選択の方向を操作し、行動させるのである。「洗脳」とは異なり、あからさまな
物理的虐待を伴わず、巧みな説得的コミュニケーションや情報操作を用いる。
グループ内の強力な教え込み効果といった集団心理により作用する。