認知的不協和理論

認知的不協和理論とは、認知的斉合性理論のひとつで、フェスティンガー,C
により提唱される。自己や自己をとりまく環境に関する意見・信念・行動など
を認知というが、認知的不協和理論では、その認知要素間に矛盾がある場合
を不協和状態と呼ぶ。そしてその不協和状態は、不快な緊張状態を生起
させるので、人は認知的不協和を低減させることでこの緊張状態を回避
しようとして、認知的要素の一方を変化させたり、新たな要素を加えたりする
のである。