認知的斉合性理論

認知的斉合性理論とは、ハイダー,F.が提唱、対人関係の原理となる
バランス理論(P-O-X理論)が代表的なもの。認知の体制化・再体制化に
当たって、認知の一貫性を求める傾向を前提とする理論のこと。思考に
おけるホメオスタシスのようなもので、認知や態度は、全体的な調和と
安定を維持するように相互に関係しあっているのである。斉合性の歪み
が、緊張を生じ、緊張は斉合性を回復するような内的圧力となり、
これにより個々の認知や態度が変更することになる。