対人認知

対人認知とは、対人知覚とも言われるもので、他者の容貌・行動・うわさ
といった、断片的な目に見える手がかりに基づいて、その人の意図・
態度・あるいはパーソナリティといった目に見えない内面を、主観的に
推論する過程のこと。認知者は、その過程で、他者を自分と似たような
ものと知覚する傾向があると言われる。対人認知は、認知者の価値観・
過去経験・パーソナリティなどの影響を受けるとともに、社会的スキルを
含むコミュニケーション、社会的環境への適応において重要な役割を
果たすもの。