ジョハリの窓

ジョハリの窓は、ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが提唱した
概念で、二人の名前をとって名付けられた。人が関わり合って
共に成長していくプロセスを図解したものであり、自己ならびに
他者から見た自己の領域を表す概念のこと。自己について、
自分が知っている領域と知らない領域、他者が知っている領域
と知らない領域で、組合せにより4つの領域が得られるが、
自己開示やコミュニケーションの効果によって、未知の領域が
狭まっていくのである。