自尊心

自尊心とは、自己に対する評価、つまり自信の上位概念であり、
時間的に変化しにくい認知である。自尊心・自己評価とも言い、
例えば自分の価値や能力観を指すもの。肯定的に評価していれば
自尊感情が高く、否定的に評価していれば自尊感情が低い。一般に
人間は、自尊心を高く維持する、あるいは高揚するよう動機づけ
られているとされており、広範な人間行動を説明する様々な理論の
基礎となっているのである。また、極端に低い自尊心は、心理学的
障害の可能性を示唆するものとみなされ、特にうつ病に特徴的である。