感情

感情とは、視覚・聴覚などの感覚器官を通して得られた感覚刺激により
引き起こされる、比較的単純で持続的な心の状態のこと。対象の性質を
知る為の心的作用を、総称して認知というのに対し、その対象との関わり
合いにおいて経験される「私」の状態、ないしは性質に関する意識を、
総称して感情という。喜怒哀楽といった主観的意識過程。発達初期に
おいては、感情・情動は身体と外界との交流の現れであり、母子関係に
おけるコミュニケーションを成立させ人格の基礎を形成するものである。
臨床心理学的な場においても、感情論理の理解が主要なテーマと
なっているのである。