SD法

SD法とは、アメリカの心理学者オズグッド,C.E.が、内包的意味の
一種である情動的意味を定量的に測定する為、意味構造のモデルを
構成する為に開発した心理尺度法のこと。言葉・音・形・色・動き、
もしくはこれらの組合せをコンセプトと呼び、正反対の意味を持つ形容詞
で定義される複数の尺度(明るい―暗い)上で判定する。これらの項目
につき、どの程度当てはまるかを5段階や7段階で評定してもらい、
その平均値のプロフィールを比較したり、因子分析を行い共通根を
求めたりする方法である。