自己意識

自己意識とは、発達段階(青年期)においての用語で、これまで主として
外界に向けられてきた目が、自分自身に向けられるようになり、それまで
気づかなかった自分の存在を、自ら意識するようになること。抽象的思考
が可能となる形式操作の段階に入ると、目に見えない自分の内面
について思考できるようになり、行動や意識の主体としての自分と客体
としての自分が分離されていく。自尊感情を中心とした様々な情緒体験、
また友人関係を基礎として、特に急激な身体的発達により自分の身体
に関心が向けられることが契機となり、社会的自我に目覚めていくこと
となる。