形式的操作期

形式的操作期とは、発達段階(青年期)においての用語で、ピアジェ,Jに
より提唱された、11~12歳から14~15歳にかけての知的発達の段階の
こと。前段階である具体的操作期に、実際の事物についての論理操作に
おいて可逆性と相補性による操作群が形成されていたのに加え、抽象的な
記号を使って、仮説演繹的に、命題間にINRC群の操作(同一性変換・
逆変換・相補変換・相関変換)を加えることができるようになる。このように、
現実をひとつの可能態・命題の組み合わせとして反省的に捉えることが
可能となる時期である。