感覚運動期

感覚運動期とは、発達段階(乳児期)においての用語で、生後2歳位までの
時期を指し、反射的行動から象徴的思考へと、認知の基礎となる感覚
運動的シェマを形成していく時期のこと。この時期の認知発達は、対象物の
永続性の獲得であり、6段階に分けられる。第1は、生得的反射、第2は
第1次循環反応(快行動の反復)、第3は第2次循環反応(目と手の協応)、
第4は2次的シェマの協応(手段―目的の分化)、第5は第3次循環反応
(能動的探索)、第6は象徴的表象(心像・洞察)の段階となる。