ライフサイクル論

ライフサイクル論とは、生物個体に見られる、生まれ、成長・成熟し、
老いて死ぬという時間の進行に伴った規則的な変化、もしくはその
期間のことで、生活周期と訳す生物学の用語のこと。エクリソン,
E.H.は、対人関係的で心理社会的な活動の基礎となる心理特性
という観点から、人間の8つの発達段階を記述する用語として使用。
また彼は、各発達段階には分岐となるような危機があると提唱する
とともに、それ自身完結しようとする傾向と世代連鎖の一環を形作ろう
とするふたつのサイクルの重なりに注目し、発達の意味を探ろうとした
のである。