発生的認識論

発生的認識論とは、ピアジェ,Jが体系化したもので、知識を、その歴史的・
社会発生、またその知識の基礎である概念や操作の心理的起源に基づいて
説明しようとするものである。形式的分析及び発生的方法により、認識の
系統発生/個体発生に対応して、歴史批判的方法による科学史の再構成と、
心理発生的方法によって子供の認識の発達過程の再構成と平行関係を
明らかにしようとした。