漸成説

漸成説とは、後成説とも言われるもので、生体の形態や構造の発生に
ついて前成説と対になる概念のこと。古くは、潜在的発生能力を持つ
可能態が、外的力により完態になるというアリストテレスの考え方に
遡るものでもあり、特に近代発生学の中で、胚の分化や複雑な発達の
基本原理として発達。心理学的には、エリクソン,E.H.が、ライフ
サイクルの中で、人間の心理社会的発達は8つの危機的段階を
経ながら漸成発達していくものとしているのである。