生理的早産

生理的早産とは、ポルトマン,Aによる概念で、一般的に小型動物は出生時に
未熟で動き回れない就巣性のものが多く、大型動物は出生時によく成熟して
いて自力で動ける離巣性のものが多いのである。しかし大型動物である人間の
場合、感覚器はよく発達しているのに対し、運動能力が未熟な状態で生まれて
くる為、二次的就巣性をもつとされている。人間が二次的就巣性をもつ理由
としては、本来21ヶ月で誕生すべきところが、直立歩行による骨盤の矮小化
いよって、胎児の身体的成長に限界がある為、大脳の発達を優先させて10ヶ月で
誕生することがあげられ、これに因んで生理的早産と呼んでいる。