初期学習

初期学習とは、個体発生期に生じる学習で、初期経験とも呼ばれるもの。
哺乳類の場合、受精から離乳期にあたるもので、個体の様々な経験の
中で、後の発達に大きな影響を与え、ある臨界期における、永続性の
ある学習となるものである。早成性の鳥類では、ローレンツによる
インプリティングの現象があり、ハーロウによるアカゲザルの実験では
隔離保育された乳児は、大人になるまで情動的な不安定を示すなど、
人の乳児では、愛着形成、言語習得、社会性の発達に重要な
要素となる。