社会的参照

社会的参照とは、他者への問い合わせとも言う。乳児期における情動的
やり取りは情報としての価値を持っており、1歳前後では、行動決定に
迷うような曖昧な状況では、大人の表情を手がかりにして承認を
求めた上で行動化するということ。自我発達の初期において、そのような
周囲の大人は、一般化された他者と区別され、重要な他者(意味ある他者)
と呼ばれているのである。