シェマ(シェム)

シェマ(シェム)とは、ピアジェ,J.の用語で、人間が環境に適応していく中で
体制化される、認知システムを構成する諸要素のこと。発達初期においては、
吸啜反射・把握反射などの感覚運動的や生得的反射のシェマが中心であり、
同化と調節を繰り返すうちに、シェマの分化・協応・内面化が生じ、表象的
シェマが形成されるようになり、より複雑な行動・認知が必要となる。
具体的操作期になると、行為の意識化が進み、対象に対する操作の
可逆性・保存性の理解とともに知的理解の構造化か高次化されていく。