視覚的断崖

視覚的断崖とは、乳児や動物の奥行き知覚の研究の為、ギブソン,
E.J.らにより考え出された実験装置及びその知覚的状況のこと。
台の半分を透明ガラスにした状態で、台の地柄と、ガラスを通して
見える地柄が、勾配をなすようにしておき、奥行きを知覚してガラス
の手前で止まるかどうかをテストするもの。ニワトリでは生後24時間
以内で、乳児では6ヶ月で獲得されると言われているが、歩行器など
自発的な運動経験の有無により左右されるものである。また、心拍数
の変化から、生後2ヶ月から深さに注目していることが分かっている。