コンピテンス

コンピテンスとは、言語心理学や認知心理学では、深層構造にある
言語能力といった潜在能力を示すものであり、発達心理学では、人に
すでに備わっている潜在能力と、環境に能動的に働きかけての自らの
有能さを追及しようとする動機づけを、一体のものとして捉える力動的な
概念を指すもの。特に、ホワイト,R.W.は、この動機づけの性質を
エフェクタンスという用語で記述し、発達を促進させるものは、自己の
活動の結果、環境に変化をもたらすことができたという効力感であるとした。