刻印づけ

刻印づけとは、ニワトリ・アヒル・カモなど、孵化直後に開眼・歩行可能な
鳥類が、孵化後のある臨界期に目にした「動くもの」に対して示す
後追い反応のこと。K,ローレンツにより報告されたもので、臨界期(敏感期)
があり、練習・経験が不要。無報酬性で、不可逆的な学習であり、性的刻印
づけも見られる。この現象が、親子の相互認知、愛着の形成とも深く関係
するものと考えられるのである。