依存性

依存性とは、一般に、心理的・身体的安定の為に、他者や事物への接近・
同一化などを求める性質を表す。発達心理学では、子の親に対する依存を
意味することが多く、愛情や栄養など様々な心理物理的対象に対する動機づけ
としての依存欲求と、それを実現する接近や接触などの依存行動が含まれる。
また臨床心理学的には、ホーナイの対人的病的依存症、様々な嗜癖、薬物依存
などの症状を示すもの。