IRM

IRMとは、テインバーゲン,Nにより提唱されたエソロジーの中心概念。
環境のある刺激により、系統発生的に種に固有の行動パターンが活性化
される、生活体の生理学的仕組みのこと。例えば、トビウオの縄張り行動
では赤い腹部に対して攻撃行動が解発されたり、アヒルやカモなどの
刻印づけでは後追い行動が解発されたりするもので、一定の環境のもと
での学習を必要としない行動の発現である。子育てにおいても、赤ん坊
らしさという幼児図式が、世話をしてやりたくなるといった反応を引き起こ
したりするものとなっている。