目撃証言の信憑性

目撃証言の信憑性とは、記憶の変容のひとつで、事故や犯罪の目撃者の
証言についての、信頼性の問題のことで、記憶の正確さと客観的な正確さ
とが一致しないことが多いということ。要因としては、目撃時のストレス、
対象に対する関心、ステレオタイプ、事後情報効果、自我関与の程度など
が挙げられる。ロフタス,E.F.らの実験では、記銘時における加工、
事後情報の記憶内容への取り込みによる記憶変容、再生時の記憶の
再構成などが指摘されている。