ホメオスタシス

ホメオスタシスとは、生理学者キャノン,W.B.の提唱した概念のこと。
体温調節のように、生活体が環境の変化に対して諸器官を変化させる
ことで、内部環境の動的平衡状態を維持しようとする自動的な機構や
過程を示す。対概念はヘテロスタシスと言い、フロイトの死の本能に近い
ものである。心理学的に拡張されて、ホメオスタシスの不均衡が一次欲求
の動因とされ、ハルの動因低減説の理論的根拠・ストレス発生・家族
システムの変容についての基礎理論ともされている。