文脈効果

文脈効果とは、刺激の知覚過程いおいて、前後の刺激の影響で、対象
となる刺激の知覚が変化する現象のこと。本来、語や文の理解にとって、
文脈の持つ統語的・語用論的曖昧さを減少させる効果を指すものであった
のが、知覚一般に拡張された概念。ヘルソンは、有機体にとって、過去・
現在すべての刺激が総体化されることで、ある刺激の順応水準が決定
され、同化・対比といった文脈効果が生じるとしている。