プレグナンツの法則

プレグナンツの法則とは、視野に与えられた図形が、全体として、
最も単純で最も規則的で安定した秩序ある形にまとまろうとする
傾向で、ゲシュタルト心理学の中心概念とされている。
ヴェルトハイマーは、「よい形態の法則」と呼び、具体的には、
近接・類同・共通運命・閉合・よい連続・よい形・客観的態度の
要因など群化・体制化の法則に従う。