プライミング効果

プライミング効果とは、手続的記憶のひとつで、先行刺激の受容が、
後続刺激の処理に無意識的に促進効果を及ぼすこと。直接プライミング
と間接プライミングがある。直接プライミングは、知覚的プライミングと
概念的プライミングに分かれる。間接プライミングは、プライム刺激の
認知により、テスト刺激の認知を促進させるものである。理論的には、
脳内の特定位置の記憶検索が隣接領域の記憶を活性化させる
という、コリンズ・ロフタスの活性拡散モデルにより説明されている。