ピグマリオン効果

ピグマリオン効果とは、ピグマリオン(彫刻家)が、自ら作った彫像に恋をし
苦しんでいるのを、アフロディティが助け、彫像に命を与えたというギリシア
神話に因んで、ローゼンソール,R.が命名した用語である。教師が児童・
生徒に対して抱く期待が無意識のうちに影響して、将来的な実現効果を
持つことを指摘したものでもあり、教師期待効果とも呼ばれている。また
一般的な実験状況において、統制外の要因として、実験者の存在が
間接的に被験者に影響する実験者効果とも類似しているのである。