認知スタイル

認知スタイルとは、認知的課題の処理形式における個性のこと。人間を、
外界からの情報を受動的に知覚処理するものとしてでなく、独自に必要
に応じて変換や操作を加えて、意味を見出して行動するものであると
する視点から生まれたもの。知覚・記憶・思考といった知的過程から
人格過程に至るものまで、個人差を対象として研究される。具体的には、
記憶内容の変容過程における強調化/水準化、ケイガンによる熟慮型/
衝動型、ウィトキンによる場依存/場独立のタイプ分けがなされている。