素朴理論

素朴理論とは、人は日常生活の中で、経験的に自然発生的にある
思い込みにより、概念形成を行っているという考え方のこと。その
思い込みを素朴概念もしくは、誤概念とも言う。最近では、単に誤って
いるというよりは、ひとつのまとまりを持ったもうひとつの概念という
考え方がなされている。ある対象理解におけるメンタル・モデル
(心的イメージ)の活用とともに、学習の初期においては促進効果を持つ
ものであり、また実在物と混同することで誤解を生むものでもある。