選択的注意

選択的注意とは、多数の感覚情報の中から特定の情報を取り出して
認識することで、カクテルパーティ効果が代表的なもの。50年代に、
両耳分離聴と追唱課題により実証的手続きが開発され、物理的刺激に
対するフィルター説といった情報処理システムのモデルは、認知心理学的
研究の先駆けとなった。認知的葛藤はストループ効果として、乳児の視覚
行動における認知は選好注視法により研究される。