生成文法

生成文法とは、1950年代に、音韻論や形態論に焦点を当てていた
構造主義的な言語理論への批判から、チョムスキー,Nにより提唱
された文法論理のこと。伝統的な文法が、文の実例から様々な
統語現象を個別的に記述しようとするものであったのに対して、この
文法理論は、明示的な規則や原理により文法的・非文法的な文を
区別する体系的なものとなっている。子供の言語習得・運用能力に
見られるように、限られた経験から無限に生成することができる言語
の深層構造・変形規則を、明らかにしようとするもの。