図とは、ルビン,E.J.により名付けられたもので、様々な知覚経験の
場面において、背景から分離されて知覚される部分のことを指す。
それ以外の部分のことを、地と呼ぶ。図は、輪郭線によって形を持つ
ものである。